株式会社イセヤス建材

外構工事・エクステリアデザイン・設計・施工

   
トップページ > エクステリアプランニング
 
エクステリアプランニング
エクステリアの総合プランニングは新築のお家を建てたときや、改築を行ったときなど一生にそう何度もあるものではありません。
プロのガーデンデザイナーに依頼する際どのように希望を伝えればいいのか、依頼のコツを実際の手順に沿ってご案内致します。
 
準備をする ~どんなお庭にしたいのかイメージを固める
  まず、考えておかなくてはいけないのは、「自分たちはお庭で何をしたいのか」ということです。花などを植えてガーデニングを楽しみたい。お庭でお茶や食事などを楽しみたい。ペットの遊び場として。などその目的はそれぞれ違うと思います。
お家と同様にお庭も共有スペースですので、家族全員で話あってイメージを固めることが大切です。
イメージづくりと一緒に予算の設定や、今後のライフプランなども考慮して、チェックしておくといいでしょう。
また、書籍やネットで探すとたくさんのガーデンデザイナーが候補に上がってくると思います。
ある程度目星がついたらお店や事務所を訪れたり、電話してみたりして何社かコンタクトをとってみるといいでしょう。
 
依頼をする ~どれだけ自分のイメージを正確に伝えられるかがポイント
 
依頼先が決まったら、具体的な打ち合わせに入ります。
このとき、どれだけ自分のイメージをちゃんと伝えられるかが庭づくりの成功の秘訣になります。とはいえ、中々口頭での説明は上手に伝わらないものです。簡単なものでいいので、スケッチ画を描いたり、現地調査を行う場合は必ず立会い、その際に実際の庭を見ながら話をしたりするとより判り易く自分のイメージを伝えることができると思います。
 
 
設計をする ~料金とデザインは納得のいくまで打ち合わせを
 
依頼先から図面や見積書が上がってきたら、それらを充分確認して納得のいくようにプランを詰めていきます。
図面での確認事項は、構造物、資料、植物の選び方やデザインが反映されているか、現地調査で判明した条件によってはやむを得ず希望がかなえられないこともあります。不明なところは確認しておきます。
図面にしてみると、あいまいだった希望が鮮明になってくる場合もあるので、遠慮せずに変更を依頼しましょう。
また、シンボルツリーなどの大きな面積を要するものなどのお庭の印象を左右する構成要素は実物を確認しておくことをおすすめします。また、樹木はどのくらいまで生育するのかも確認しておくとよいでしょう。
 
     
トラブルのないように見積書の疑問点は解決を
実際に図面が大詰めになってくると当初の予算よりも高くなってしまったりする場合も出てきます。見積書の明細をよく確認して予算内におさめるように優先順位をつけたり、資材を安価なものに変更したりして調整します。
図面と見積書に納得できたら、プラン完成です。施工前に契約をします。契約の際には、支払い額、施工開始日、施工期間、支払い方法などもきちんと確認しておきましょう。
 
施工をする ~スムーズな施工にはコミュニケーションが大事
  施工のスケジュールがでてきたら、それをよく確認します。資材搬入時や騒音、振動を伴う作業など周囲にも影響を及ぼす作業もありますので、ご近所へのあいさつも必須です。
施工途中は、工期が必要以上に長引いてないか、プランどおりに施工が進んでいるかを確認します。もし、予定のプランとは違っている場合や疑問点はその都度、尋ねてください。まめにコミュニケーションをとっておくと、進行状況がわかる上に今後のメンテナンスの情報なども得られることもあります。
 
完了・引渡し ~完成の喜びに浸る前にしっかり仕上がりをチェック
 
工事が完了後は、現場で説明してもらいながら、不備がないかを確認します。
もし、問題があるようなら早めに連絡をしてください。時間が経過してしまってからでは料金が発生することもあります。また、引渡しの際にはライトなどの付属物の取り扱い、構造物や植物のメンテナンス方法もきいておきましょう。
 
 
メンテナンス ~庭は変化があって当然、メンテナンスもプロが味方に
  引渡し後も、デザイナーや業者とのお付き合いは続きます、植物も日々成長し、素人ではお手入れに力が及ばないこともでてきます。
難しい樹木の選定や消毒などは、年間契約を結び手入れしてもらうこともできます。
他にも困ったことがでてきたら、相談してみましょう。被害を最小限に防ぎ、簡単に修復できることもあります。