株式会社イセヤス建材

外構工事・エクステリアデザイン・設計・施工

   
トップページ > 一般住宅エクステリア  > ちょこっとアドバイス > 暮らしを快適にする
 
クルマのためだけではない、暮らしを快適にする車庫まわりを提案する。
自由な発想で車庫まわりを考えると、暮らしをもっと快適にしてくれる、ワクワクするようなエクステリアプランが生まれます。クルマとの生活をもう一度見直してみませんか。
 
大好きなクルマと、心地よく過せる空間が欲しい。
愛車をまもり、愛車と語り合える憧れのガレージを。
洗車やメンテナンスなどをしながら愛車と過ごす。クルマのパーツや本などの資料なども収納しておける。クルマが趣味の方にとってまさに憧れのガレージライフを実現させましょう。
 
大切な愛車を、陽射しや雨・霜からまもってあげたい。
カーポートでクルマをダメージからしっかりガードしましょう。
クルマの内外装を陽射しや雨・霜によるダメージからガードするのがカーポート。住む地域や敷地条件によって、さまざまなタイプがあるので目的に合ったものを賢く選択しましょう。
 
カーポートの横から吹き込んでくる雨や風が気になる。
横から吹き込む風や雨をサイドパネルでガード。
カーポートにサイドパネルを追加すれば、横からの風雨の吹き込みを抑えることが可能です。敷地に合わせてサイズを調整しましょう。
 
子供たちの自転車やバイクも雨ざらしにしたくない。
カーポートに自転車・バイクが置けるスペースを確保。
カーポートを駐輪スペースとして利用するアイデアは、使い勝手がよくとても便利です。つい乱雑に置いてしまいがちな自転車も、専用の置き場をつくることで、エクステリアをすっきりさせることができます。
 
駐車スペースを2台分とると庭が狭くなる。両立する方法をみつけたい。
新発想のアイテムやプランで、庭から駐車スペースへのチェンジも自由自在。
友達や親戚が訪れた際など、クルマを2台止めなくてはならないことは意外とあるものです。でも、2台分の駐車スペースを確保しておくのはもったいない。そんなケースには、ニーズに合わせて空間を自在にチェンジするというアイデアがあります。普段はパーテーションで外部との境界をつくり住まいをしっかりガード。来客時にはパーテーションを開放して、庭の一部を駐車スペースにできるフレキシブルな車庫まわりをつくることができます。
 
雨の日、濡れずにクルマから玄関までいけたらうれしい。
アプローチに屋根をかければ、雨の日も快適に乗り降りできます。
カーポートとガーデンルーフを利用して、駐車スペースから玄関までのアプローチに屋根をかければ、雨の日に傘をさすことなく移動ができて快適。さらに、アプローチまわりに生まれた多目的スペースは、アイデアしだいで自由に活用することができます。
 
車庫用門を付けたいが、できるだけ敷地を無駄に使いたくない。
場所をとらない省スペースタイプの車庫用門が選べます。
車庫用門のタイプはさまざま。門扉を兼ねた堂々としたものもありますが、一般的には省スペース性を追求した車庫用門が主流です。たとえば跳ね上げ式門扉なら、扉を上下垂直に開閉させるため扉のはみ出しがわずかで、少ないスペースでも設置が可能です。また、設置場所を工夫することで、より一層敷地を有効に活用することができます。
 
雨の日にクルマから降りて車庫用門の扉を開け閉めしたくない。
クルマから操作できるリモコン付の電動式カーゲートがあります。
雨の日に限らず、クルマから降りて車庫用門の開閉作業をするのは面倒なもの。電動式の車庫用門なら、クルマに乗ったままリモコンで簡単に開閉できるのでとても便利です。クルマの使用頻度が多い方にはメリットの高い機能となるでしょう。
 
人だけ通るのに、車庫用門を大きく開け閉めするのは大変。
ゲートを開けなくても人の出入りができる袖扉が便利です。
車庫用門に袖扉を付ければクルマと人の出入りを別々にできるので、車庫用門を大きく開ける必要がなくなります。