株式会社イセヤス建材

外構工事・エクステリアデザイン・設計・施工

   
トップページ > 一般住宅エクステリア  > ちょこっとアドバイス > 不審者の侵入ガード
 
不審者の侵入をガードする防犯性を高めた門扉・フェンス作りを考える
門扉の防犯効果では、キーシステムがポイント。鍵が2つあるものや、電気施錠タイプのものなど、防犯性に優れたさまざまなタイプが登場しています。また、門柱にポストやインターホンが設置してあれば、来訪者を不用意に敷地内まで誘導してしまう心配もありません。フェンスに関しては、適度な高さがあり乗り越えにくく、万一、不審者が侵入しても隠れる死角をつくらいない見通しの良いデザインを選びたいもの。形状としては、足が掛けにくいたて格子が良いと言われています。
 
門扉・フェンスは、住まいの防犯性を高めるうえでも重要ですが、ただ外からの侵入に備えて堅牢な門扉・フェンスを選べばいいだけではありません。周辺環境との調和や住まいに死角をつくらないことも大切なポイントです。
 
高いフェンスにはしたいけれど圧迫感はなるべくなくしたい。
高さと見通しの良さを両立させたフェンスで防犯性を高めましょう。
防犯対策としてブロック塀などで高いフェンスを取り付けると、外からの見通しが悪くなり、庭が閉鎖的なスペースになってしまいがちです。格子タイプなら、2段柱・3段柱を利用して十分な高さを保ちながら外からの視認性を確保することができます。

 
クルマを盗難やいたずらからガードしたい。
駐車スペースと道路とを遮るフェンス作りを。
通りに面した駐車スペースはいたずらや盗難のターゲットになりやすい場所です。通りと駐車スペースとの間にフェンスで境界線を作り、ガードすることが大切です。
 
防犯効果はもちろん、デザインにもこだわりたい。
クラシカルな剣先状のデザインの鋳物タイプがおすすめ。
鋳物タイプの門扉・フェンスには、上部に剣先状のデザインを採用したものがあります。外部からの侵入をためらわせる心理的な効果が期待でき、さらにクラシカルな雰囲気で住まいに洗練された印象を与えます。
 
クルマが通れる大きな門扉を取り付けたい。
電動開閉装置や電気錠によりさらに防犯効果はアップ
敷地内へ車で乗り入れるような広い邸宅の場合は、堅牢な大型門扉の利用をおすすめします。外部と内部の境界線をはっきりさせることで防犯性が高まります。オプションで車の通用口に電動開閉装置や電気錠を取り付けることで、使い勝手や安全性をさらに高めることができます。
 
 
設置場所に高低差があっても、フェンスを設置することはできますか。
組み合わせるフェンスを選べばしっかり囲えます。
高低差のある敷地をフェンスで囲う場合、傾斜している部分には傾斜地対応タイプや、敷地形状に合わせて柱と格子を組立てるタイプのフェンスを使えば、途切れることなく敷地を囲うことができます。
 
 
 

多彩なセキュリティ機能で安心の暮らしを実現。
■門扉用電気錠  
電気錠は来訪者を確認してから解錠でき、扉を閉めると自動的に施錠をおこなう防犯効果の高いキーシステムです。鍵のかけ忘れもなくなります。
モデノ門扉Rシリーズ

錠にもこだわってさらにセキュリティ性能アップ。
■防犯性に優れたキー  
ピッキングなどの手口に強く、防犯性能の高いディンプルシリンダー採用の門扉で、侵入の第1段階をしっかりガード。
■内側非常解装置  
サムターンつまみが外せるので、外側から手を差し込んでも簡単に解錠できません。非常解装置は、コインやキーで解錠できます。

出入りの多い場所や境界は光で防犯対策。
■人感センサ付き照明  
夜間、人を感知して不審者を光りで威嚇。人が近づいたときだけ点灯する、人感センサ内蔵タイプです。
 
 
■自動点滅器つき照明  
周囲が暗くなると自動的に点灯するので、不在のときでも外からは分かりにくくなります。